梱包の方法で、引っ越し後の作業が快適に

埼玉県川越市から愛知県名古屋市への引っ越しで、約10万でした。

 

 

旦那の転勤で、何回も引っ越しを経験しています。

 

なかでも一番大変なのは、荷造りですよね。

 

今回は私の経験をもとに、おすすめの段ボールの梱包方法をご紹介します。

 

 

家具はそのまま運んでもらえばいいだけですが、食器や本、業者にもよりますが、引き出しの中身も全て出さないといけない場合もあります。

 

割れ物がない洋服やタオルなどの引き出しは、そのままでも大丈夫か事前に確認しておきましょう。

 

 

 

梱包のポイントは、重い物は小さい箱へ、軽い物は大きい箱へ詰めることです。

 

荷造りの時は、普段使っていないものから詰めていくことが多いと思います。

 

私も、食器や本、予備の調味料や洗剤などから梱包していきました。

 

食器はけっこうたくさんあり、大きい段ボールに詰めました。

 

新聞紙で包みながら、隙間を埋めるようにして、詰めて箱がいっぱいになり、ガムテープを貼ったところで気が付きました。

 

重すぎて、段ボールが持てない。

 

そうなんです。食器ひとつは軽くても、何枚も重なるとかなりの重さになり、一人では持てないのです。

 

食器は種類も多く、量から見ても大きい方の段ボールに入れるのが正解だと思います。

 

しかし、重すぎて持てなくては意味がありません。運ぶのは引っ越し業者でも、引っ越しやること後に片付けるのは自分です。

 

さらに、普段使わないものから梱包しているので、これからまだまだ段ボールが増えていきます。

 

移動させたり、持ち上げることもあります。

 

そんな時に、一人で持てない重さだとけっこう大変でした。

 

 

洋服や、タオルなどの軽いものは大きい段ボールに詰めて、食器や本、CDなどは小さい段ボールに詰めます。

 

全体の量を見て段ボールの大きさを決めるのではなく、すべて詰めた時の重さを考慮して段ボールの大きさを選ぶと、一人でも動かしやすく、その後の作業がスムーズになります。引っ越し先での、荷解きのことも考えると、よりこの方法が効率がいいと思います。

引っ越し業者の見積もりにびっくり!!セルフ引っ越しをしました。

愛知県春日井市から同じ市内の引っ越しです。

 

 

彼との結婚が決まり、一緒に住むことになりました。

 

その時彼はひとり暮らしで、私は実家住まいでした。

 

私は実家から猫2匹を連れていくことが決まっており、彼がひとり暮らしをしていた賃貸はペット不可のため、

 

ペット可の賃貸へ引っ越す必要がありました。

 

ペット可の賃貸は、彼の家から車で10分もかからない所で見つけることができました。

 

ひとり暮らしとはいえ、家電一式揃っている彼の荷物は、大きくて重い物もあります。

 

彼の会社は転勤があり、何度か引っ越し経験があるものの今までの引っ越し費用は会社負担だったため、

 

引っ越しの料金を気にしたことはなく、私も実家暮らしだったため、2人揃って引っ越し費用については無知でした。

 

彼の会社と契約していた大手の引っ越し業者に、引っ越し無料見積もりの依頼をお願いしましたが、

 

引っ越し先は車で10分足らずですし、一人暮らしの荷物、本当に軽い気持ちでした。

 

担当の方に来ていただき、見積もりをとってもらったところ、見積もり金額はまさかの25万円でした。

 

思わず「高いですね・・・」と言ってしまいました。

 

私たちが引っ越しを予定していたのは4月の上旬で、その時期は引っ越し業者の繁忙期らしく、料金が高額になると言われました。

 

また、彼の休みの日に合わせて土日で見積もりをとってもらったため、土日はさらに高くなるとも言われました。

 

その時の私たちは、それでも引っ越しは必要なのでお願いするしかないと思い、契約しました。

 

段ボールも必要な分、置いて帰ってもらいました。

 

しかし、その時の私たちは引っ越しの2カ月後に結婚式を控えており、結婚式費用も節約しながら貯めていることろでした。

 

その中での引っ越し費用25万円は想定外の出費で、きついものがありました。

 

とりあえずその日は自分の家に帰り、母親にその話をすると、「高すぎ」と言われました。

 

また、私が小学生の時に家族6人で引っ越しをしたのですが、その時は父親の会社の繋がりでトラックを借り、

 

業者を使わずに引っ越した話をしてくれました。

 

自分たちで引っ越しするなんて考えたこともありませんでしたが、私の車を使えばできそうだと思いました。

 

また、職場の方にも相談したところ、その方の娘さんが県外の大学を卒業されたあと、実家へ戻られる際にも、自家用車を使って何度も往復し、

 

業者を使わずに引っ越ししたと教えていただきました。

 

その頃になって初めて引っ越し費用の相場を調べ、私たちが見積もりを依頼した業者は業界内でも高額であることを知りました。

 

業者を変えれば半額以下で抑えられそうでしたが、その時の私は、もうとことんまでお金をかけずに引っ越したい気持ちでいっぱいでした。

 

さっそく彼に電話して話をし、彼は最初は不安しか口にしませんでしたが、私の気持ちが強く、最終的に折れてくれました。

 

業者が置いて帰った段ボールが使えると思いましたが、連絡をすると1つ300円で買い取りになるとのこと。

 

それすらもったいなくて全部返却し、運よく友人が新居を建てて引っ越しをした直後だったので、段ボールや包装に必要な物をたくさんもらうことができました。

 

引っ越しは2日がかりで行い、朝から晩まで車に荷物を積み込んでは新居へ移動して運び込みました。

 

そのうち1日は、軽トラックを持っている友人に応援にきてもらい、洗濯機や冷蔵庫などの大きな物を運んでもらいました。

 

時間はかかりましたが、大きな問題もなく無事に引っ越しを終えることができました。

 

 

 

費用は、友人2人が高速を使ってきてくれたため、その交通費として6000円。

 

引っ越し終了後にお礼代わりに一緒に食事に行き、15000円。

 

エアコンの取り外しに5000円。

 

合計 26000円でした。